本ページはプロモーションが含まれています

転職

介護施設別業務内容とサービスの特徴を徹底比較【介護施設の種類と特徴を知らずには働けません】

介護施設別業務内容とサービスの特徴を徹底比較【介護施設の種類と特徴を知らずには働けません】

こんにちは、すきマッチです。

 

「介護の仕事を始めてみよう」と考えておられる方

「他の施設で経験を積んでみたい」と考えておられる方

「自分の家族をどのような施設にお願いしたらよいかわからない」と考えておられる方

「介護施設の種類をざっくり知っておきたい」

 

と考えておられる方に向けてブログ記事を書きました。

 

介護施設介といっても種類は豊富で、サービス内容も似ているものもあれば全く違うものもあります。

 

働き手からしても「介護」とひとくくりにはならず、働く場所は様々であり、それぞれ特徴があります。

 

自分自身の性格や生活にぴったり合った施設で働けると良い人生を送ることができると思います。

 

ではさっそく、介護施設別の特徴や仕事内容を紹介します。

 

この記事をとっかかりに各施設を詳しく調べていってもらえると嬉しいです。

 

特別養護老人ホーム

介護施設

『特別養護老人ホーム』は『特養』と呼ばれ,要介護3以上かつ65歳以上の高齢者が入所する施設になります。

 

要介護3以上とはかなりの身体的な介助を必要することが多いです。

 

例えば排泄、入浴、食事など一人ではできず、助けが必要な方です。

 

さらに重度の認知症の高齢者もいて、そのような方の対応も必要になってきます。

 

介護の他にも、施設にいる看護職員などと一緒に入居者の健康管理を行ったりします。

 

一緒に働く介護職はもちろん、看護師やリハビリスタッフ、事務などと連携しながら利用者さんが過ごしやすい環境を提供します。

 

具体的な介護職務内容としては、

 

ミーティングなどで情報共有

排泄介助やおむつ交換

リネン(ベッドシーツなど)交換

食事介助、配膳

書類の作成

レクリエーションや行事の実施

引き継ぎ・業務報告

 

等です。

 

また、24時間ずっと誰か職員はいるため、引き継ぎ等を行い、安心安全に過ごせるようにする必要があります。

 

場合によっては通院に付き添ったり、リハビリテーションの手伝いをしたりします。

 

有料老人ホーム

有料老人ホームの中には施設の種類によって提供するサービスや介護内容が若干変わってきます。

 

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームとは、有料老人ホームのうち、行政から【特定施設入居者生活介護】として指定を受けた施設のことです。

 

特定施設?特定特定施設入居者生活介護?なんだそれと思われますよね。

 

簡単に言うとケアプランに沿った介護を提供している施設で厚生労働省令が定めた施設のことです。

 

かなり安心することができる施設ってことですね。

 

介護サービスはもちろん、リハビリやレクリエーションなども充実しているのが特徴。

 

住宅型有料老人ホームと比較すると費用はやや割高となりますが、可能な限り自立して、自分らしい生活を目指す高齢者には特に人気です。

 

看取り対応が可能な施設も多く、人生の最期を過ごす“終の棲家”として考える方も増えています。

 

介護職員は施設に常駐しており、基本的にはその施設の介護サービスを受けることになります。

 

住宅型有料老人ホーム

「特定施設入居者生活介護」として指定はない施設で、外部の介護サービス事業者と契約してサービスを受けます。

 

そのため、自分に必要なサービスのみをうけることができます。

 

しかし、多くの住宅型老人ホームでは訪問介護事業所が併設されており、介護付きと同じ様なサービス形態になっていることがあるので注意が必要です!

 

メリットは、

 

外部の介護サービスを自由に選択できる

介護保険適用の福祉用具をレンタルできる

レクリエーションが多彩で日々の生活に刺激がある

居室は1人1部屋、共用設備が充実

自立している人が多く、自由度が高い

 

デメリットは、

 

介護サービスを利用しすぎると月々の費用が高くなる

重度の介護の場合は、住み続けることが難しい

看取りに対応していない施設も多い

公的施設に比べると、入居費用・月額費用は高め

 

住宅型有料老人ホームは「まだ介護が必要ではないが、自宅での生活に少し不安を感じる」という人に当てはまる施設でしょう。

 

健康型有料老人ホーム

家事が面倒、万一のときに一人では不安などと考える方のためのサービスアパートメントといったおもむきで、露天風呂やトレーニングルームをはじめ、元気な方がシニアライフを楽しむための設備が充実している施設が多くあります。

 

介護サービスも自分の希望するものだけで自由度が高くなっています。

 

しかし、介護度が高くなったり、介護量が増えると退去しなければならないことが多いです。

 

施設の職員として働く場合では入居者さんの見守りや移動のサポート、食事の配膳や洗濯などが中心になってきます。

 

こちらも24時間常に職員がいるため、職員間のコミュニケーションをしっかりと取ることが求められます。

 

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、病状が安定して病院は退院できる状態ですが、帰宅して生活するにはもう少しリハビリテーションが必要…といった高齢者が入所する施設。

 

リハビリテーションが主な目的の施設であるため、看護師・理学療法士・作業療法士といった専門家が在籍しており、介護士はリハビリ以外の生活サポートを行います。

 

また、医師がいることが絶対の条件であり、入所期間に制限があります。一人ひとりの状況を施設全体で把握し、3ヶ月毎に退所か継続かの判断を行います。

 

入所型の施設では唯一在宅復帰を目的としています!

 

介護職員の仕事内容としては、入居者さんの身の回りの介助がメインです。

 

日常の歩行や食事、入浴や排泄などの身体介護はもちろんのこと、通院などの同行やレクリエーションの実施などを行います。

 

医師や看護師、リハ職などとの連携やサポートも大事な仕事のひとつであり、在宅復帰に向けてチームでサポートを行います。

 

また、日々の状態をしっかりと記録する事務作業も実施する必要があり、この書類をもとに在宅復帰の判断のひとつになるため非常に重要です!

 

働く方としてはこんな方が多いです。

 

・医療的な勉強をしたい方

・在宅復帰に力を入れたい方

・他職種と連携に力を入れたい方

 

通所系サービス(デイサービス・デイケア)

通所系サービスは入居されている方へのサービスではなく、自宅から施設に通って来る方に対してのサービスになります。

 

そのため、夜勤の仕事などはなく日中のみの仕事である場合が多いです。

 

デイサービス

デイサービスとはご自宅から通いながら入浴やレクリエーション、リハビリなどのサービスが受けられる施設になります。

 

利用者さんが楽しまれたり身体的なケアを受けるだけが目的でなく、家族様の精神的・身体的な負担の軽減も目的のひとつになります。

 

デイサービスとデイケアはよく似ているサービスのため、間違える方が多いですが、目的が異なります。

 

デイサービスについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞご覧ください

高齢者お預かり機能だけのデイサービスはなくなります。【良いデイサービスの見分け方】

高齢者お預かり機能だけのデイサービスはなくなります。【良いデイサービスの見分け方】
参考高齢者お預かり機能だけのデイサービスはなくなります。【良いデイサービスの見分け方】

こんにちは、すきマッチです。   「デイサービスって何するところ?」   この記事を開いてくれた方は、   デイサービスで働こうか考えておられる方 デイサービスですでに働 ...

続きを見る

 

介護職員の具体的な仕事内容は下記のようになります。

 

・送迎

・入浴や食事などの介助

・機能訓練指導員や看護師の補助

・カラオケや手芸などのレクリエーションの実施

・記録などの事務作業

 

デイケア

デイケアには、必ず「医師」や「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」といった医療・リハビリの専門家が在籍しています。

 

また、パワーリハビリの機器などリハビリ設備が充実していて、本格的な医療やリハビリが受けられるのが特徴です。

 

デイケアは医学的な管理や医療的なケアが必要な場合に安心して利用できるサービスと言えます。

 

実際のリハビリは、主治医の指示に基づき、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハビリの専門家によって、運動機能や口腔機能の回復・維持・向上、栄養改善を目的として行われます。

 

その他にも、食事や入浴といった日常生活を支援するサービスを利用できるデイケアも多く、送迎もほとんどの施設で行われています。

 

メモ

【働く方としてはこんな方におススメ】

入所型の施設との大きな違いは夜勤と送迎の有無です。

通所系サービスでは送迎は必須なので、就職時に普通免許を取得し送迎が可能であることが条件になる施設も多くあります。

また、夜勤が必要ないので、夜勤がしたくない場合は通所系サービスが良いと思います。

 

訪問介護

訪問介護事業所(ヘルパーステーション)からケアマネージャーのケアプランに沿って利用者さんのご自宅や施設に伺って介護サービスをおこないます。

 

そのため、バイクや自動車、自転車など移動手段を用意する必要があります。

 

デイサービスなど施設・通所系のサービスに比べ時給が高いことが多い傾向がありますよ。

 

仕事内容としては、ご自宅や施設に訪問し、料理や掃除・洗濯などの家事から日用品の買い出し、入浴や排泄の介助まで様々です。

 

基本的にはひとりでご自宅に伺うことになります。

 

1日に複数のご自宅に伺うことになるため、車やバイク、自転車などを用いいて移動することが多いです。

 

記録なども事務作業も必要ですが、事業所によっては自分の家から利用者さんの家に行くことも許可している場合もあり、直行直帰での仕事が可能な場合もあり、比較的自由に働けます。

 

病院

病院などの医療機関では医師や看護師などの医療職種とみが働いているイメージがありますが、場合によっては食事の介助や入浴、ベッドシーツの交換、掃除などは介護士が行っている場合があります。

 

病院で働く介護士は看護助手や看護補助者などと呼ばれることもあります。特に地域包括ケア病棟がある病院などでは介護職のニーズは非常に高まっています。

 

仕事内容としては、入院されている方に対して食事や入浴、排泄や移動などの介助業務が主になります。

 

具体的な仕事内容は下記のようになります。

 

食事や入浴などの介助

ベッドシーツなどのリネンの管理

食事の配膳

介護記録などの事務作業

看護師のサポート

 

医療法人が運営されていることも多く、福利厚生などもしっかりとしていること多い印象です。

 

障がい者施設

基本的に介護が必要な障がい者は重度の身体障がい者が多く、働く場所は重度心身障がい者施設が多いです。

 

また、ご家族との触れ合いも高齢者施設に比べても多いですので、家族との接し方も勉強ができます。

 

おむつ交換や食事介助など、さまざまな介助を必要とする方も多くおられます。

 

また調理補助やパソコンの使い方を教えるなど、自立に向けた訓練も行います。

 

視覚障がい者の生活サポート

視覚障害により移動などが困難な方に対し、生活全般をサポートします。

 

外出時の同行はもちろんのこと、言葉を通じた周囲の状況説明、文章の代読・代筆、排泄や食事の介助など、主に外出中におけるサポートが中心です。

 

全身性障がい者の生活サポート

手足に機能障害を持つ方に対し、主に外出中を中心にさまざまなサポートを行います。

 

対象となる方は、脳血管障害や事故などによる後遺症や、脊髄や頚椎を損傷、脳性まひ、ALSや筋ジストロフィーなどの影響で、四肢を自由に動かせない方。

 

移動はもちろん、排泄や食事などもサポートします。

 

知的障がい者の生活サポート

知的障害を持つ方の生活全般をサポートします。

 

知的障がいと一言で言っても、程度やタイプは人それぞれなので、それぞれの方の特徴に合わせたサポートを行わなければなりません。

 

小中学生の利用者の中には、余暇活動の一環として介護を利用している方もいるようです。

 

グループホーム

グループホームは身体は元気であるが認知症などで在宅にいることが難しい高齢者を対象としたサービスです。

 

日常生活におけるサポート

グループホームでは、できるだけ家庭と同じような生活を送れるよう日々のスケジュールが設定されています。

 

グループホームには5~9名で構成されるユニットという少人数のグループがあり、ユニットごとに共同生活を送るのが特徴です。

 

食事の準備や片づけ、掃除、入浴、買い物などを共同で行い、介護士はそのお手伝いをすることになります。

 

1人で食事ができない方のサポートをしたり、トイレまで誘導したり、といった具合です。

 

高齢者ができることを奪わず、役割を与えて自立を促すのがグループホームの目的なので、手を出しすぎないのがポイントとなります。

 

レクリエーションの実施

認知症の進行を防ぐには、体を動かしたり五感を刺激することが大事。そのため、多くのグループホームではレクリエーションの時間に力を入れています。

 

レクリエーションの内容はそれぞれの施設で異なりますが、簡単な体操やゲーム、カラオケや楽器演奏、手芸やフラワーアレンジメントといった手先を動かす作業などです。

 

グループホームで働く介護士は、高齢者の趣味・特技・興味に合わせてレクリエーションを考案したり、実施するのが仕事となります。

 

リハビリテーションのサポート

グループホームによっては、認知症の進行予防や身体機能の回復を図るため、リハビリテーションを行っているところもあります。

 

この場合、理学療法士や作業療法士といったリハビリの専門家と連携し、介護士はそのサポートを行うことになります。

 

利用者がリハビリを嫌がらないよう、楽しみながら回復を促すことが大切です。

 

夜勤

グループホームでは、夜間・深夜に1名以上の介護士を配置することが義務づけられているため、夜勤も大事な仕事のひとつです。

 

夜勤の主な仕事は、夕食の準備とサポート、服薬の補助、就寝の見守り、必要な方のおむつ交換、夜間の見回り、起床や着替えのお手伝いなどです。

 

朝食の準備とサポートまで行い、申し送りをして夜勤終了となるパターンが多いようです。

 

ちなみに認知症の施設であるため夜間徘徊などが見られることもあり、日勤に比べるとやや肉体的・精神的にもハードとなります。

 

メモ

【働く方としてはこんな方におススメ】

認知症について詳しく勉強をしたい方

利用者さんの生活に密着した介護をしたい方

 

サービス付き高齢者住宅

サ高住と呼ばれる施設です。

 

施設の種類としてはまだ新しく平成23年から造られ始めました。

 

対象者は基本的に自立している人で、もし介護が必要になれば訪問介護や通所介護など外部のサービスを使います。

 

サ高住の中には訪問介護や通所介護を施設内に置いているところも多く、住んでいる人が利用できるようになっています。

 

仕事内容は、

 

1日1回の安否確認

生活相談サービス

 

が最低限のサービスとして提供されています。

 

後は、介護ケアの専門家が少なくとも日中は建物に常駐していることが必要です。

 

1日1回の安否確認

利用者の部屋を定期的に訪問して声をかけたり、状況を確認するという業務です。

 

施設によっては、各部屋にセンサーを設置して見守りを行っていることもあります。

 

また、安否確認と同時に共有スペースの清掃を行ったり、外出する利用者を見送ったりするのも仕事のひとつです。

 

生活相談サービス

これは利用者の日常生活全般に関する相談を受けつけるもので、「代わりに買い物へ行ってほしい」「病院に付き添って欲しい」といった要望に対し、適切なサービスの案内をするというものです。

 

また、利用者の体調が悪くなった・ケガをしたといった場合の医療機関や家族への連絡も、生活相談業務の一部です。

 

補足:サ高住と住宅型有料老人ホームの違い

大きな違いは、サ高住が安否確認や生活相談サービスなどの幅広いサービスを提供しているのに対し、住宅型有料老人ホームは、食事サービスの提供や、緊急時の対応のみであるという点です。

 

もし重度の介護状態になった場合は、住み続けられなくなってしまうケースも出てきます。

 

また居室面積の定義が違います。

 

サ高住では居室のスペースは25平方メートル以上(居間や台所などの共有スペースが設置されている場合は18平方メートル)という基準がありますが、住宅型有料老人ホームは13平方メートル以上と定められており、住宅型有料老人ホームの方が、居室が狭いということも考えられます。

 

ただし、これは施設によっても異なるため、入居する前にしっかり確認しておきましょう。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

 

この記事では各施設を大まかに紹介したにすぎません。

 

詳しくは各施設を調べてください。

 

この記事が皆さんの自宅介護や仕事選びに少しでもお役立てできればうれしいです。

 

最後に、この記事を読んで「転職を考えようかな」と思われた方はこちらの記事をどうぞご覧ください。

 

介護業界による転職で、やっておかないと失敗してしまう3つのこと【プロから聞いた転職の必須項目】

介護業界による転職で、やっておかないと失敗してしまう3つのこと【プロから聞いた転職の必須項目】
参考介護業界による転職で、やっておかないと失敗してしまう3つのこと【プロから聞いた転職の必須項目】

  こんにちは、すきマッチです。   介護職が転職をする前にやっておくべきことは3つだけです。   この記事を読んで、転職の準備をしてください。   転職を考え ...

続きを見る

 



介護事業所の必須研修

当ブログサイトは主に、介護施設で必要な"必須研修"について発信しています。

 

下記の表をご覧ください。

 

介護倫理法令研修

介護サービス情報公開総合サイトより一部引用

それぞれの研修についてブログを作成しています(※作成中の記事あり)

 

もしご興味があればこちらから覗いてみてください。

こちらもCHECK

毎年できていますか?介護施設の法定研修一覧【これで処遇改善加算の算定はOK】
毎年できていますか?介護施設の必須研修資料一覧【研修テンプレあり】

こんにちは、すきマッチです。   あなたの施設は年間研修予定は立てていますか?   法定研修はご利用者のため、スタッフのため、会社のために絶対必要なモノです。   どうせ ...

続きを見る

 

その中でも一番読まれている研修記事を載せておきます。

 

わかりやすい!倫理及び法令遵守に関する研修/プライバシー保護の取り組みに関する研修【法定研修はこれでOK】

こちらもCHECK

わかりやすい!倫理及び法令遵守に関する研修/プライバシー保護の取り組みに関する研修【法定研修はこれでOK】
わかりやすい!倫理及び法令遵守に関する研修/プライバシー保護の取り組みに関する研修【介護の法定研修は必須】

  こんにちは、すきマッチです。   通所介護を運営する上で必要な「法定研修」があります。 これらの研修は必須です。     介護サービス情報公開総合サイトより ...

続きを見る

抜け出せない現状にストップ!【筆者推奨:転職サイトの紹介】

手を振っている介護職

下記のブログ記事で筆者の推奨する転職サイトを5つ紹介しました!

【最新2024年版】介護転職サイト厳選TOP5/今より待遇の良く、未来のある職場に転職

 

実績・認知度・会社規模や求人数など、どれをとっても申し分のない転職サイトです。

 

転職サイト選びは「自分の転職の目的や、希望する条件と合致しているか」という点が問題です。

  • もっと給料を上げたい
  • 人間関係の良い職場で働きたい
  • 子育て中でも働きやすい職場を見つけたい
  • キャリアアップができる会社で働きたい
  • 資格の補助が出るようなところを探したい

こんな方には是非読んでほしい記事です!

CHECK

【最新2024年版】 介護転職サイト厳選TOP5
【最新2024年版】介護転職サイト厳選TOP5/今より待遇の良く、未来のある職場に転職

  こんにちは、すきマッチです。   転職サイトは、自分の転職目的や希望する雇用形態応じて使い分けると、よりよい求人に出会える可能性がUPするってご存じでしたか?   今 ...

続きを見る

 

「転職サイトを見比べるのはめんどくさい…」という方は、下記の転職サイト(かいご畑)1択です!

 

筆者の藤原は、転職して3年で前の職場より200万円近く年収が上がりました。

 

本気で転職を考えている方は今すぐクリックを!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

-転職
-, , , , , , ,

© 2024 すきマッチブログ Powered by AFFINGER5