本ページはプロモーションが含まれています

転職

訪問介護のお仕事【人気のない不遇の職種…やっぱりキツイことがいっぱいの仕事だった】

こんにちは、すきマッチです。

今回は訪問介護のお仕事についての記事を書きます。

人気のない介護の仕事の中でも特に人気のない訪問介護のお仕事。

やはり、人気のない理由がしっかりとあるお仕事でした。

働き方にもよりますが、不人気な理由は大きく3つ!

①1対1という恐怖

②自宅というアウェイが戦場

③利用者以外にも敵がいることが・・・

今回はメリットを無視して才覚なしごとの理由をたくさん伝えていきます。

訪問介護とは

訪問介護とは「ヘルパーさん」のことです。

高齢者の自宅にお邪魔し、家事や身の回りのお世話をしにいくお仕事です。

ヘルパーステーションに依頼があると「サービス提供責任者」、サ責がヘルパーを派遣します。

ヘルパーの仕事は大きく分けて2種類あります。

「身体介護」と「生活介護」になります。

身体介護とは、排せつや入浴、整容などのお手伝いなど多岐にわたります。

一緒に出掛けることも同行援助の身体介護です。

生活介護とは、ヘルパーが家事や身の回りのお手伝いをすることです。

料理を作ったり掃除をする、買い物に行くなどのお仕事です。

1つ注意することはヘルパーのリズムでできそうなお仕事ですが、料理や掃除、買い物してくる品物のリクエストなど利用者の意向を聞きながらのお仕事です。

また、生活介護は利用者と一緒にすることで身体介護になります。

そして、ヘルパーは利用者のことしかできません。

同居の家族の部屋の掃除や洗濯、買い物などはできないのです。

また嗜好品を買えなかったり、衣替えや大掃除などができないなどある程度の制限もあることを忘れてはいけません。

利用者の買い物のついでだからとたばこやお酒などを買うことはしてはいけません。詳しくは事業所のサ責に聞きましょう。

※訪問ヘルパーは最低、初任者研修を修了しておかなければなりません。

無資格ではなることができません。

1対1という恐怖

訪問ヘルパーの仕事の不人気な理由はここにつきます。  

正直、利用者はいい人ばかりではありません。

こだわりの強い人、嫌みな人、怒りっぽい人、意地悪な人、変な人みたいな精神的に疲れる人などいろいろな利用者がいます。

家事のやり方を1から10まで言ってくる人、モノを動かしたら向きや順番まで元に戻させる人なんて人もいます。

また、家の汚い人、お風呂に入らない人、家中が臭い人、糞尿だらけの家、ゴミだらけの家のような生理的にキツイなんて場所も珍しくありません。

制服がある事業所はいいですが、私服での訪問となるとそれを選択するのはあなたの自宅になります。想像しただけできついです。

さらに、体の重い人、体の大きな人、認知症の人、コミュニケーションが取れない人、終末期の人など介護の技術や知識の必要な人もいます。

あなたの一つの判断で重大なことが起きてしまうかもしれません。

ヘルパーは、そんな利用者を相手に一人で判断し、一人でケアを提供しなければなりません。

これだけでも十分しんどいですよね。

そして、生活援助をすることは「家事」が必須である、ということです。

若い人や男性はどうしても経験不足から悩むこともあるでしょう。

そうすると身体介護をすることになるのですが、それだけだと施設でのケアとそこまで変わらなかったりします。

それをこれからの章でも挙げるように、自宅でする必要性が感じられなかったりします。

さらに、一人ということは家の中でなにかあったり、なにかされる可能性もあるわけです。

なにかあるとは、金品がなくなったり、事故や急変などあなたを混乱させる出来事があ起こる可能性があります。

なにかされるとは、セクハラやパワハラのようなハラスメント、言葉だけならまだしも実際に抱きつかれたり触られる、暴力を振るわれることもあるでしょう。

そんなリスクを背負っているのが訪問介護です。

もちろんこんな事例は少数であり、サービス提供責任者やCMに相談すれば解決することも多くあるでしょう。

しかし、1対1というヘルパー側がどうしても不利な状況で起こることです。

これがキツイという退職者は数えきれない数がいるでしょう。

しかし、逆を言えばそれだけ濃い体験ができる、成長ができるともとらえることができます。

自宅というアウェイが戦場

先の章でも少し触れたのですが、自宅は利用者のホームグラウンドであり密室です。

そして自宅というのは、利用者の「生活」の一部です。

施設との違いは、家具や物の配置が介護職の都合のいいように配置されていないこと、介護をされることよりも生活することに重点が置かれているのが当たり前です。

利用者の自宅に慣れるまでは、小さなストレスになることもあるでしょう。

そして、当たり前ですが一件一件全く違うわけです。

良い利用者の家であっても多少の居心地の悪さは感じるでしょう。

密室だとなにかされるようなリスクも上がるでしょう。

見方にもよりますが、マイナスな要素が多い環境でサービスを提供することになります。

利用者以外にも敵がいることが・・・

自宅ということは、独居の利用者以外には「同居人がいる」ということです。

配偶者、子供、孫、親族、知り合いなど同居人の種類は多岐にわたります。

そして、そのすべてがいい人とは限りません。残念ながら半数以上はなにかしらあなたにストレスをかけてくる恐れがあると考えてもいいかもしれません。

それも関係作りでなんとかなることが多いですが、一筋縄ではいかないことも多いでしょう。

中には、小言をずっと言ってくる、意味もなく長時間の苦情を続ける、セクハラまがいな言動をとるようなカスタマーハラスメントといわれるような行為をしてくるような同居人もいます。

また、介護保険のことをわからず、利用者以外の家事をさせようとしてくる、ヘルパーのできる範囲以外のサービスを求めてくるなど無茶な要求をしてくるご家族もいます。

さらには、利用者の言うことを鵜吞みにする同居人も多いです。

認知症などの利用者の言うことを全面的に信じて苦情を言ってくる、サービスの内容を理解せずに文句を言ってくることもよくあることです。

苦情までいかなくても無理な文句や要望を言ってくる家族は少なくありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

訪問ヘルパーとは孤独との戦いといっても過言ではありません。

もちろん、サ責やCMが味方をしてくれる事業所は多いでしょう。

ヘルパーの人手不足や高齢化が止まりません。

しかし、魅力がないこともありません。

この記事で上げたようなことも、人によっては魅力としてとらえることができるでしょう。

わたしは訪問ヘルパーこそが介護職の最上位の職種だと思っています。

一人で判断し、サービスを提供する、信頼される知識や技術がある、それが訪問ヘルパーです。

あなたも最高の訪問ヘルパーを目指してみませんか。

抜け出せない現状にストップ!【筆者推奨:転職サイトの紹介】

手を振っている介護職

下記のブログ記事で筆者の推奨する転職サイトを5つ紹介しました!

 

実績・認知度・会社規模や求人数など、どれをとっても申し分のない転職サイトです。

 

転職サイト選びは「自分の転職の目的や、希望する条件と合致しているか」という点が問題です。

  • もっと給料を上げたい
  • 人間関係の良い職場で働きたい
  • 子育て中でも働きやすい職場を見つけたい
  • キャリアアップができる会社で働きたい
  • 資格の補助が出るようなところを探したい

こんな方には是非読んでほしい記事です!

CHECK

【最新2024年版】 介護転職サイト厳選TOP5
【最新2024年版】介護転職サイト厳選TOP5/今より待遇の良く、未来のある職場に転職

  こんにちは、すきマッチです。   転職サイトは、自分の転職目的や希望する雇用形態応じて使い分けると、よりよい求人に出会える可能性がUPするってご存じでしたか?   今 ...

続きを見る

 

「転職サイトを見比べるのはめんどくさい…」という方は、下記の転職サイト(かいご畑)1択です!

 

筆者の藤原は、転職して3年で前の職場より200万円近く年収が上がりました。

 

本気で転職を考えている方は今すぐクリックを!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

-転職
-, , , , ,

© 2024 すきマッチブログ Powered by AFFINGER5