本ページはプロモーションが含まれています

人事管理

介護現場でよく見られる「積極性のない職員、やる気がない職員」への対処法【放っておくと他の職員から不満の声が続出する】

介護現場でよく見られる「積極性のない職員、やる気がない職員」への対処法【放っておくと他の職員から不満の声が続出する】

こんにちは、すきマッチです。

 

  • やる気がない
  • ボケ~っと立ってるだけ
  • 積極性のない
  • わからないことを聞いてこない

 

このような職員がいると、ほかの職員から不満の声が続出します。

 

こういった職員に対しどのように対処すればよいか、お伝えします。

 

御社の"人材教育"や"採用"の参考にしていただければ嬉しいです。

 

事例を紹介

やる気がない

 

よくありそうな2つの事例をご紹介します。

 

事例①

Aさんは自ら進んで業務を行うことが少なく、言われたことだけを淡々とこなしているだけ。

わからないことがあっても自分から先輩職員や他の職員に聞いてくることもあまりなく、やる気を持って業務に取り組んでいるようには見えない。

まわりの職員も最近は距離をとってあきらめムードになっており、業務をAさんに任せることを嫌がっている。

そのため、他の職員の業務量が増え、「Aさんは楽をしている」と不満が出ている。

 

事例②

Bさんは入社してもう3か月経つのにご利用者の名前も覚えていない。

「時間があったらご利用者とコミュニケーションをとってくださいね、コミュニケーションをとることで名前を覚えられますよ」と伝えても、ボケ~っと立ってることが多い。

そしてメモもとろうとしない。

そのくせ時間が来たら真っ先に帰ろうとする。

次第に誰も話しかけなくなった。

 

事例への対応策

先輩や他の職員に業務を聞けないのは、先輩や他の職員に聞きたくないのではなく、ただ"人に聞けない"という性格の人もいます。

 

仕事だけではなく、全てにおいて消極的な性格の方もおられます。

 

ただし、性格だから仕方ないとすませて業務に支障を来すようでは現場は困ります。

 

こんなケースでは"マンツーマン教育"を徹底するとよいかもしれません。

 

業務のことなどについて聞く相手を多数にするのではなく、一人にすることで聞きやすくし、

 

いつまでもダラダラと教育するのではなく、期間と目標を決めて実践します。

 

目標については、基本の基本、最低限ここま でやってくれればよいというところまでかなりレベルを落とします。

 

「今日1日で3人のご利用者とコミュニケーションをとり、その人の名前を確実に覚えること」などを第一段階の目標とします。

 

求めるレベルが高いと、できないギャップにストレスがかかります。

 

"誰でもできるレベル"を第一段階とし、この目標をクリアすることからスタートします。

 

目標を確実にクリアしていくことで、次第に自信 がつき、それに伴い少しずつ行動力もついてきます。

 

「あの職員は消極的だ!」と決めつけず、「あの行動は、性格や能力という側面も大きいのだろう」と考え教育方渾を変えてみましょう。

 

こまめに面談をし、段階的に目標を達成させ、行動力向上につなげます。

 

予防策

人手不足の介護業界では、とにかく人手がほしいという理由から、どうしても採用基準が緩くなる傾向があります。

 

またこの業界は中小企業が多く、余計に人員を雇っておく余裕がない為、「誰かが辞めるとすぐに代わりを入れる」という風習があります。

 

こんな様子をよく伺います。

今月中でフルタイムの職員が1人辞めるので1か月以内に誰か雇わないといけない。

すぐにハローワークに求人をだしたけど何の反応もない。

求人広告をお願いしても、お金だけかかってなかなか応募が来ない。

ビラを配ったり、説明会に出席したり、社用車に広告を張り付けたり必死に努力をし、

「やっときた!」と思っても変な人だったり…、すぐにやめてしまったり…。

 

もしかしたら採用の方法から考えた方がよいかもしれません。

 

もしご興味があればこちらの記事もお読みください。

介護・医療職の人材確保戦略!【求人広告は終了。働き方の提案により良い人材を確保】
参考介護・医療職の人材確保戦略!【求人広告は終了。働き方の提案により良い人材を確保】

こんにちは、すきマッチです。   ハローワークに求人をだしても、求人広告をお願いしても、なかなか応募が来ない時代になってきました。   私自身も人手不足で困ったときは、いろんなこと ...

続きを見る

 

採用計画を立てるのも一つの方法です。

 

「当施設は統計の結果、毎年年間3人は退職するので今年度も3人採用しよう」と前もって採用してしまうのも一つの手です。

 

余裕をもって採用することで、良い人材を見極めることができます。

 

他の方法として、面接の後に職場体験をしてもらうという方法もあります。

 

半日から1日という時間をかけることで面接では見えない「その人となり」が見やすくなります。

 

「目配り」「気配り」「話し方」「聞き方」「行動力」「ふとした表情」などを見ます。

 

実際にしてみると「積極的に質問してくる人」と「とにかく人との会話が少ない人」との差は非常によくわかります。

 

介護は「ひと対ひと」のサービスです。

 

「ひ とが好きである」「ひとに関心がある」という採用基準に沿って採用をしてみることも予防策にな るのではないでしょうか。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

 

介護の現場は連携が大事です。

 

少し歯車が狂うだけで全体へ影響が出てしまいます。

 

「鉄は熱いうちに打て」と言いますが、「何かおかしいな」と感じたら早めの行動を心掛けましょう。

 

このブログ記事が、御社の介護現場におけるマネジメントに少しでもお役立てできればうれしいです。

 

このブログサイトは主に、介護施設で必要な"必須研修"について発信しています。

 

下記の表をご覧ください。

 

介護倫理法令研修

介護サービス情報公開総合サイトより一部引用

それぞれの研修についてブログを作成しています(※作成中の記事あり)

 

もしご興味があればこちらから覗いてみてください。

こちらもCHECK

毎年できていますか?介護施設の法定研修一覧【これで処遇改善加算の算定はOK】
毎年できていますか?介護施設の必須研修資料一覧【研修テンプレあり】

こんにちは、すきマッチです。   あなたの施設は年間研修予定は立てていますか?   法定研修はご利用者のため、スタッフのため、会社のために絶対必要なモノです。   どうせ ...

続きを見る

 

最後に一番読まれている研修記事を載せておきます。

 

わかりやすい!倫理及び法令遵守に関する研修/プライバシー保護の取り組みに関する研修【法定研修はこれでOK】

こちらもCHECK

わかりやすい!倫理及び法令遵守に関する研修/プライバシー保護の取り組みに関する研修【法定研修はこれでOK】
わかりやすい!倫理及び法令遵守に関する研修/プライバシー保護の取り組みに関する研修【介護の法定研修は必須】

  こんにちは、すきマッチです。   通所介護を運営する上で必要な「法定研修」があります。 これらの研修は必須です。     介護サービス情報公開総合サイトより ...

続きを見る

抜け出せない現状にストップ!【筆者推奨:転職サイトの紹介】

手を振っている介護職

下記のブログ記事で筆者の推奨する転職サイトを5つ紹介しました!

【最新2024年版】介護転職サイト厳選TOP5/今より待遇の良く、未来のある職場に転職

 

実績・認知度・会社規模や求人数など、どれをとっても申し分のない転職サイトです。

 

転職サイト選びは「自分の転職の目的や、希望する条件と合致しているか」という点が問題です。

  • もっと給料を上げたい
  • 人間関係の良い職場で働きたい
  • 子育て中でも働きやすい職場を見つけたい
  • キャリアアップができる会社で働きたい
  • 資格の補助が出るようなところを探したい

こんな方には是非読んでほしい記事です!

CHECK

【最新2024年版】 介護転職サイト厳選TOP5
【最新2024年版】介護転職サイト厳選TOP5/今より待遇の良く、未来のある職場に転職

  こんにちは、すきマッチです。   転職サイトは、自分の転職目的や希望する雇用形態応じて使い分けると、よりよい求人に出会える可能性がUPするってご存じでしたか?   今 ...

続きを見る

 

「転職サイトを見比べるのはめんどくさい…」という方は、下記の転職サイト(かいご畑)1択です!

 

筆者の藤原は、転職して3年で前の職場より200万円近く年収が上がりました。

 

本気で転職を考えている方は今すぐクリックを!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

-人事管理
-, , , , , , , ,

© 2024 すきマッチブログ Powered by AFFINGER5