本ページはプロモーションが含まれています

その他

理学療法士の給料について ~理学療法士は「給料」よりも「やりがい」重視の仕事です~

理学療法士の給料について ~理学療法士は「給料」よりも「やりがい」重視の仕事です~

こんにちは、すきマッチです。

 

近頃は後期高齢化が進み、理学療法士の働く場も増えていっています。

 

それに従い理学療法士もすごい勢いで増えています。

 

理学療法士のいない病院や施設が珍しい状態です。

 

それだけ増えた理学療法士の給料は、「さぞかし良いのだろう」と思われていませんか。

 

この記事では、理学療法士の給料事情について記載していきます。

理学療法士は給料が上がるのか?

キャリア

 

結論としては、そこまで上がりません。

 

理由は簡単です。

 

理学療法士の収入源は医療保険、もしくは介護保険からの報酬だからです。

 

医療保険なら『20分1単位、1単位はいくら』というふうに診療報酬をもらっています。

 

これは1年目だろうが10年目だろうが管理職であろうが変わりません。

 

我々理学療法士がどれだけ自己研磨をしようとも、どれだけ研究発表をしたり実績があったからといって、皆一緒です。

 

そして、近年どんどん診療報酬の削減が進んでおります。

 

ちまたでは、「理学療法士の国会議員がおらず発言力がないからだ」など言われていますが…

 

参考までに、理学療法士の平均年収を載せておきます。

 

理学療法士年収

 

引用ウエブページ:「自分らしい働き方が見つかる みんなの介護 求人」

 

理学療法士のやりがい

理学療法士のやりがいを4つにまとめました。

 

1、患者さんを直接、治療することができる

自分の知識や技術を駆使して患者さんを治療することができます

なかなか結果が出ないときは、根気と努力が必要ですが、その分結果が出た時は患者さんと共に大きな喜びを共有することができます。

2、学んだことを実践で行い、それをフィードバックすることで腕が上がっていく

自分の成長を実感できる仕事です。

3、必要とされる場所が多い

人の役に立つ、人から必要とされる仕事です。

4、先生と呼ばれる

私は先生と呼ばれることが嫌ですが、世の中の仕事で「先生」と言われる仕事はなかなかないですよね。

 

等かと思います。

 

理学療法士は「高い給料を稼ぐ」というより、「やりがい」を求める職種ではないでしょうか。

 

理学療法士について、もっと調べたい方は『理学療法士とは?!を詳しく解説!働き場,やりがい,給料,今後の動向など』を読んでください。

理学療法士・作業療法士とは?!【就職先、やりがい、給料、今後の需要など徹底解説】
参考理学療法士・作業療法士とは?!【就職先、やりがい、給料、今後の需要など徹底解説】

こんにちは、すきマッチです。   近年理学療法士・作業療法士を目指す方が多くなってきています。   こちらのグラフをご覧ください。   引用サイト:医療従事者の需給に関す ...

続きを見る

 

理学療法士として働くうえで得すること

何といっても専門職であることです。

 

世間ではコロナの影響で失業者が増えていますが、資格保持者は選り好みをしなければ必ず働く場所はあります。

 

そして、共働きの方などにも良いかと思います。

 

資格さえあれば、時給2000円~4000円で働けるので、主婦の方で午前中しか働けないという方もしっかり稼ぐことができます。

 

また、これだけ時給がしっかりしているので、他の仕事をしながらとか、自営など夢を追いかけている方にも良いのではないでしょうか。

 

理学療法士のやりがいを感じない人

理学療法士のやりがいを感じない人はすぐにでも転職するべきです。

 

厚労省資料ではリハ職の平均給与はもはや介護士を下回ろうとしています。

 

そして、一般の中小企業と給料はそこまで変わりません。

 

とは言うものの、「何百万円も払って、大変な実習やレポートも書いて、国家試験にも受かりようやく得た資格を捨ててしまっては勿体ない、親に申し訳ない」など思うかもしれません。

 

しかし後々のことを考えるなら、他の業種でキャリアを積んだ方が10年後、20年後の給料は理学療法士でいることよりも上回っていると思います。

 

理学療法士としての経験や知識、実績は必ず何らかの形で生きてきます。

 

また他の業界で働いて、「やっぱり理学療法士が良い」といって戻ってくる人もいます。

 

理学療法士は資格を使った仕事なので、一度取得したら、また戻ることも可能ですよね。

 

しかも保険からの収入になるのでさほど経験年数によって給料が変わるわけでもありません。

 

やりがいを感じない仕事を続けることほど、人生を損していることはないと思います。

 

理学療法士でなんとか年収を上げたい人

結婚し子供ができた男性などは、「理学療法士としての仕事は続けたいが、今のままでは生活が苦しい。何とか年収を上げたい」と思っておられる方も多いでしょう。

 

理学療法士がよく考える年収アップ戦略として、

 

・認定理学療法士をとる

・研究をして学会発表を多くする

・大学を卒業する

・自費でいろいろな手技を身につける

 

等を思いつくと思いますが、実際これらを頑張ったとしても年収は上がりません。

 

手っ取り早く年収を上げるには、年収の高い会社(病院など)に入り、その会社で必要とされる人間になることが重要です。

 

今は、クリニックや訪問看護ステーションがおすすめです。

 

ただ、年収だけではなく今後のキャリアを考えるならマネジメントができる職場で働くと良いのではないでしょか。

 

もし転職を考えておられるなら、一度、転職エージェントに登録することをお勧めします。

 

丁寧に対応していただけると思いますよ。

 

転職サイト・エージェントについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

介護・医療系専門職は転職サイトを使いましょう【短時間で労力を使わずよい転職先が見つかる理由を解説】

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

 

理学療法士は給料よりもやりがいが重視された仕事であることがわかっていただけたかと思います。

 

理学療法士になりたい方、理学療法士向けの転職サイトを貼っておきますので興味があればどうぞご覧ください。

 

【理学療法士・作業療法士 おすすめ転職サイト・エージェントBEST3】

【2021年版】理学療法士・作業療法士おすすめ転職サイト・エージェントBEST5
参考【2022年版】理学療法士・作業療法士おすすめ転職サイト・エージェントBEST5

こんにちは、すきマッチです。   転職を考えている方へ。   こんなことを考えていませんか。   「転職サイトって登録するべき?」 「もしするならどの転職サイトが良いの? ...

続きを見る

 

もし、この記事を読んでいただき、理学療法士への理解が深まっていただければ嬉しいです。

抜け出せない現状にストップ!【筆者推奨:転職サイトの紹介】

手を振っている介護職

下記のブログ記事で筆者の推奨する転職サイトを5つ紹介しました!

【最新2024年版】介護転職サイト厳選TOP5/今より待遇の良く、未来のある職場に転職

 

実績・認知度・会社規模や求人数など、どれをとっても申し分のない転職サイトです。

 

転職サイト選びは「自分の転職の目的や、希望する条件と合致しているか」という点が問題です。

  • もっと給料を上げたい
  • 人間関係の良い職場で働きたい
  • 子育て中でも働きやすい職場を見つけたい
  • キャリアアップができる会社で働きたい
  • 資格の補助が出るようなところを探したい

こんな方には是非読んでほしい記事です!

CHECK

【最新2024年版】 介護転職サイト厳選TOP5
【最新2024年版】介護転職サイト厳選TOP5/今より待遇の良く、未来のある職場に転職

  こんにちは、すきマッチです。   転職サイトは、自分の転職目的や希望する雇用形態応じて使い分けると、よりよい求人に出会える可能性がUPするってご存じでしたか?   今 ...

続きを見る

 

「転職サイトを見比べるのはめんどくさい…」という方は、下記の転職サイト(かいご畑)1択です!

 

筆者の藤原は、転職して3年で前の職場より200万円近く年収が上がりました。

 

本気で転職を考えている方は今すぐクリックを!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

-その他
-, , , ,

© 2024 すきマッチブログ Powered by AFFINGER5