PT目線

介護にかかわる方は知っていたい高齢者の【筋肉の老化】と【ストレッチの効果】

介護にかかわる方は知っていたい高齢者の【筋肉の老化】と【ストレッチの効果】

こんにちは、すきマッチです。

 

この記事では【筋肉の老化】と、【筋肉の老化にはストレッチが重要な理由】についてお伝えします。

 

高齢者への援助を仕事としていると、毎日のように体の不調の訴えが続きますよね。

 

「腰が痛い」「肩が痛い」「動かしずらい」「しんどくて動きたくない」などを耳にしませんか?

 

原因の一つに筋肉の老化が考えられます。

 

私たちのような高齢者と日々向きあうことを仕事としている私たちは、加齢が筋肉に与える影響やその解決方法を知っている必要があります。

 

ちょっとしたアドバイスにより、高齢者の生活が変化し、快適に生活を送れる可能性もあります。

 

では、

 

・加齢は筋肉のどんな影響を与えるのか

・筋肉の老化予防の一つ『ストレッチ』の種類と効果・方法

 

について詳しく解説していきます。

 

 

筋肉の老化

 

高齢者

 

筋肉の老化の原因は、ホルモンの減少です。

 

・成長期に分泌される成長ホルモンの分泌量が減少することで、筋肉量の増加が抑制され始めること。

・男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減少すること。

 

成長ホルモンやテストステロンは、筋肉のもとになるタンパク質合成を促したり、筋繊維の崩壊をおさえたり、回復させたりする働きが知られています。

 

筋肉が老化すると、

 

・筋肉がやせる(筋委縮)

・筋肉が硬くなる

 

という状態になります。

 

筋肉は使わなければ衰え、筋肉を構成する筋線維も短く細くなっていきます。

 

骨折などでギプス固定をした人は経験があるかもしれませんが、長期間動かさなければ筋肉はやせて、関節はほとんど動かなくなってしまいます。

 

程度の差はありますが、運動不足などによって動かさない筋肉は同じように硬くなっていきます。

 

これは「筋肉の老化」と呼ばれ、固くなった筋肉は動かしづらいのはもちろんのこと、血行も悪くなり疲労や肩こり、腰痛などの原因にもなってしまいます。

 

また、ふらつき易い、ふらついた時にバランスがとれない、など良くないことが多くなります。

 

誰しも年齢を重ねると、筋肉は縮んで凝り固まり、弾力を失ってしまうのですがそう感じさせない人もおられますよね。

 

同じ80歳でも、シャンシャン歩いて買い物に行く人もいれば、要介護状態の方もおられます。

 

何が違うかというと、普段の運動量が異なるからです。

 

日々、トレーニングをしている方もしくは自宅周辺に坂が多く、坂や階段の昇降を繰り返されている方は元気な方が多いです。

 

しかし、今さらトレーニングをしたり生活環境を変えるのは難かと思います。

 

変わりに筋肉の老化予防に効果的なのが、今からご紹介するストレッチです!

 

ストレッチをすることによって筋肉の柔軟性を取り戻し、筋肉の老化を防ぐことができます。

 

柔軟性にはストレッチ

ストレッチの定義

「スポーツや医療の分野においてストレッチとは、 体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすことをいう。

筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げるほか、呼吸を整えたり、精神的な緊張を解いたりするという心身のコンディション作りにもつながるなど様々な効果がある。」

 

とされています。

 

ケガをしないカラダをつくる

関節の周りには必ず筋肉が存在していて、関節が硬く感じるときは周りの筋肉が硬くなっている証拠です。

 

関節が硬いことで、つまづくことやバランスを崩すなどが発生します。

 

またバランスを崩しても立て直すことができなかったり、歩行の際にしっかり足が膝を上げて歩くことができない、なども生じます。

 

ストレッチにより柔軟性を高めることで、このような症状は解消されます。

 

腰痛、膝、背中の痛みの改善

ストレッチは痛みの改善にも効果的です。

 

【腰痛、膝、背中の痛み】といった症状は筋肉が硬くなっているために起こることが多々あります。

 

筋肉は全身繋がっているものであり、どこかに異変や筋肉の硬さがでることでバランスが崩れてしまい、痛みが発症します。

 

眠りの質が高くなる

年をとると眠れなくなる。と悩んでおられる方は多いと思います。

 

特に寝る前のストレッチは呼吸を落ち着かせ、自律神経を調整し眠りを誘います。

 

ストレッチは気持ちを落ち着かせ、身体をリラックスした状態に働く作用があります。

 

心拍数も低下させ、眠りの状態に入ることで睡眠の質が向上するので快適な生活を送ることができます。

 

血圧が調整される

ストレッチは血圧の低下にも効果があることがわかっています。

 

高血圧は今は国民の3人に1人と言われています。

 

特にふくらはぎや足首といった血液が溜まりやすい箇所のストレッチを行うことで血圧が下がることがありますよ。

 

リラックスした日々を送ることができる

ストレッチにより自律神経が整うことで、緊張をほどいたり、呼吸を落ち着かせることができます。

 

また循環器では心拍出量を減らし、身体にエネルギーを必要としない状態にします。すると自然にリラックス効果が得られるということです。

 

自律神経が活発な状態である場合には常に緊張状態が続き、ストレスも溜まる一方です。これらのバランスを整えるのがストレッチによるものと考えても良いでしょう。

 

身体を温める

ストレッチをすることで基礎代謝が向上します。

 

そもそもの基礎代謝が低下する要因としては筋肉が硬くなっていることが挙げられます。

 

筋肉が硬いと血管を圧迫し血液循環不良が発生します。

 

それをストレッチをすることで取り除いてあげることができ、血液循環が良好になり全身に酸素、二酸化炭素、栄養が運ばれることで基礎代謝が向上します。

 

基礎代謝の向上で冷えやむくみは解消します。

 

ストレッチの種類

ストレッチは大きく分けて4種類あります。

 

スタティックストレッチ、バリスティックストレッチ、ダイナミックストレッチ、PNFストレッチです。

 

スタティックストレッチ

よくストレッチと聞いて思い浮かぶストレッチのやり方です。

 

そして4種類のストレッチの中で、今回私が高齢者におススメするストレッチ方法です。

 

筋肉を伸ばした状態で止めて、反動をつけずに30~60秒保持します。

 

筋肉は伸ばしすぎると防御反応として逆に筋肉を縮めようとすることがあるので伸ばしすぎに注意です。

 

スタティックストレッチは筋肉へかかる負担が少ないため、安全に伸張運動を行いながら、柔軟性を高めることができます。

 

また、広いスペースを必要としないため、とても便利で簡単に行うことができます。

 

バリスティックストレッチ

反動をつけて筋肉を伸ばすストレッチです。

 

「グッ、グッ、グッ」と反動をつけながら身体を伸ばしていきます。

 

しかし反動により筋紡錘と呼ばれる筋肉のセンサーが刺激されて、場合によっては筋肉の緊張が上がる可能性があります。

 

若者がスポーツの前に行うのは良いですが、高齢者にはあまりお勧めできません。

 

ダイナミックストレッチ

よく肩こりの予防改善運動で、【肩を中心に肘で大きく円を描くように回す運動】を見たことがありませんか?

 

またはサッカー選手が歩きながら股関節を大きく曲げたり、野球選手が走りながら肩や足を大きく動かしたりするのもダイナミックストレッチです。

 

ダイナミックストレッチとはあのような運動で、関節の動きを円滑にするために行うストレッチです。

 

指導者がいて、ゆっくりとするのは良い効果があるかと思いますが、高齢者が一人でするにはあまりお勧めできません。

 

ケガの原因にもなりますし、間違った運動にもなりかねません。

 

PNFストレッチ

固有受容器神経筋促通法(Proprioceptive Neuro muscular Facilitation:PNF)を応用して行うストレッチです。

 

難しい名前であまり馴染みがないかもしれません。

 

PNFストレッチはスタティックストレッチと比較して、より効果があるといった報告が多くありますが専門的な知識を持った方にやってもらう必要があります。

 

トレーナーなどに個別でやってもらう必要があるので、どうしても試してみたい方は整体や接骨院などでPNFストレッチを実施している施設を探してみましょう。

 

高齢の方におすすめなストレ

 

スタティックストレッチの方法

程度

筋トレに比べてストレッチは体に優しいと思っている人が多いようですが、70歳以上の方では、むしろストレッチによる怪我が多いのです。

 

というのも若い時に比べて筋肉や靭帯の柔軟性が低下していますから、少しの負荷でも切れやすくなってしまうのです。

 

そこでケガのない、効果的に柔軟性を向上するには「止め」を意識したスタティックストレッチが安全でベストです。

 

伸長の程度も痛すぎることなく、「気持ちが良いな」と思える程度で十分です。

 

無理なく継続していきましょう。

 

伸長時間とセット数

筋肉は、年齢とともにその柔軟性を失っていきます。20代と60代では、日頃の運動量にもよりますが、60代の方がはるかに筋肉の柔軟性は低下しています。

 

そこで、年齢が上がれば上がるほど、ストレッチの時間とセット数を増やしていくことが重要です。

 

20代では30秒3セット程度が基本となりますが、60代では40秒~50秒を3~4セット行っても良いかもしれません。

 

痛みや炎症の有無

痛みや炎症の起きている筋肉は、防御性収縮が起きている可能性が高く、ただでさえ筋緊張が高い状態にあります。

 

そのような筋肉に対してスタティックストレッチを行う際には、痛みのない程度のストレッチから始めて、徐々にその伸長する強さを強めていく必要があります。

 

特に、少し負荷の強い筋トレの後には、筋肉内に微細損傷が起きていることもあり、過緊張状態にあることも多々あります。

 

よって、筋トレ後のストレッチでは特に注意が必要です。

 

筋肉を意識する

スタティックストレッチは伸ばして静止するだけですが、ただ伸ばすだけでは効果的なやり方だとは言えません。

 

正しい方法を身に付けて効果的にストレッチしてみましょう。

 

まずは、上記で説明したように「伸びて気持ち良い」程度で止めその姿勢を保持します。

 

そして、伸ばしている筋肉を意識します。

 

我流でなんとなくやっていると、伸ばしているつもりになっていることが少なくありません。

 

これでは、同じ時間を使ってストレッチしたとしても効果半減です。

 

伸ばす筋肉を意識するだけで、正しい姿勢も身に付きます。伸ばしている筋肉を意識してみましょう。

 

呼吸を止めない

ストレッチの最中は、鼻と口を使って細く長くリラックスした状態で呼吸を続けてください。

 

呼吸を止めると体が緊張状態になり、筋肉が硬くなって十分な弛緩効果が得られなくなってしまいます。

 

息を吐きながら気持ちいいところギリギリまで伸ばし、少しずつ可動域を広げていきましょう。

 

筋肉を柔らかくするだけではなく、呼吸法なども取りいれることで精神的にもリラックスできます。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

 

筋肉の老化は誰もが生じます。

 

そしてそれが身体に与える影響は大きいです

 

しかしその予防策はあります。

 

この記事では、ストレッチについて取り上げましたが、筋トレやバランス練習も重要です。

 

こちらの記事では部位別のストレッチの方法や筋トレ、バランス練習についてご説明していますので、良ければご覧ください。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

高齢者に重要な運動の記事はこちら

介護職の方、ご存じですか?!【高齢者に重要な運動はこの4項目】
参考介護職の方、ご存じですか?!【高齢者に重要な運動はこの4項目】

こんにちは、すきマッチです。   高齢者施設で運動を取り入れたい方、もしくはご家族に体操を促したい方に向けて、 "高齢者が日常生活で取り入れたい運動の種類"を大きく4項目に分けて解説します。 ...

続きを見る

厚生労働省の高齢者と運動の考え方

ここからは宣伝です。

介護職で転職を本気で考えている方はコチラ。すきマッチ藤原は、転職して3年で前の職場より200万円近く年収が上がりました。

本気で転職を考えている方は今すぐクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

理学療法士で「やりがいを求めたい、キャリアを積みたい、年収600万円以上欲しい!」という方はこちらをクリック!

たくさんの求人からあなたに合った職場が見つかるはずです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

-PT目線
-, , , , , ,

© 2023 すきマッチブログ Powered by AFFINGER5